オタク萌える!アイドル、グラビア極秘映像!

萌えるオタクのための日記!アイドル、グラビアの極秘映像、ニュース盛りたくさん!このオタク度は電車男をこえる!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほしのあき、色気あふれるシックなドレス姿!でも胸元の大きなリボンはブーイング!? 

新宿ピカデリーで公開初日を迎えた映画『キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』のPRイベントが開催され、タレントのほしのあきが登場した。今作は1950年代のアメリカ音楽業界を舞台にしたヒューマンドラマで、世界の歌姫・ビヨンセが出演と製作総指揮を務めている。

【関連写真】映画『キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』写真ギャラリー

 劇中のビヨンセを意識したというクラシカルなドレスに身を包んだほしの。普段はかわいらしい衣装が多いだけに、実年齢に合った大人の色気あふれるシックな姿は息をのむほど美しかった……が、なぜか胸元に大きなリボンが付いており、ご自慢の胸の谷間が隠れてしまう瞬間も。撮影位置によっては、胸元が撮影しづらいこともあり、一部のカメラマンからは軽くブーイングが……。

 映画のタイトルにちなみ、「変えたいものは?」と尋ねられたほしのは、「景気が良くなったほしい」と答え、「最近、グラビアの撮りおろしが減っているんです」と不景気の波がグラビア業界にも押し寄せているとコメント。早く景気が回復し、グラビア業界で誰もやったことがないことにチャレンジしたいと今後の抱負を語るほしの、32歳だった。

 『キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』は1950年代に実在した伝説的レコード会社の創設者であるレナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)と彼を取り巻く人々のドラマを描いた音楽映画。成功したミュージシャンに高級車キャデラックを送ったというチェスの逸話にちなみ、イベント当日は映画に登場するのと同型の1956年製キャデラックが劇場ロビーに展示された。

 映画『キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』は新宿ピカデリー、恵比寿ガーデンシネマで公開中



[ 2009/10/17 07:31 ] ほしのあき | TB(0) | CM(0)

業界初の“ホラドル”原幹恵がヘソ出しで夏のホラーをPR 

『第9回全日本国民的美少女コンテスト』でグラビア賞を受賞したグラビアアイドル、原幹恵が、タワーレコード新宿店7Fで6日に行われた、ワーナーホラーシリーズ第1弾DVD発売記念イベントに出演。業界初の“ホラー・アイドル(ホラドル)”に任命された原は、赤と黒のセクシーな衣装で登場。ホラドルながら「怖いのが苦手なので、守ってくれるようなどっしりとしている男性がいいですね」と実は怖いものが苦手なことを告白していた。


 ワーナー・ホーム・ビデオが夏にぴったりの傑作ホラー全9作品を3カ月連続でDVDリリースするにあたり、PRを務める業界初の“ホラドル”に任命された原幹恵。セクシーな衣装で登場した原は「私なりにホラーをイメージしてみました。上はハードな黒のレザーに、中は赤いタンクトップで血をイメージ、でも下はフリルで可愛く…。ハードかわいくしました! お決まりの十字架もつけてます! おへそを出して、私らしくしています!」とコスチュームをポイントを解説。

 “ホラドル”に任命されたことについては「聞いたことがなかったので、ビックリしているんですが、業界初ということで光栄に思ってます」とやる気をアピール。しかし「ホラーはいつも怖いもの見たさで手で隠しながらみちゃうんです。一人でみるのは怖いので、友達と集まってみることが多いですね。一人になっちゃうと怖いから、守ってくれるようなどっしりとしている男性がいいですね」と怖いものが苦手なことも告白。

 イベントには怪奇蒐集家の木原浩勝も登場し、原の“ホラドル度”をチェック。怪奇体験のトークの途中で、ドッキリで流された絶叫音に小さく「キャッ!」と反応した原に対し、木原がつけた得点は「30点」。“目を大きく見開き首をワナワナとふるわせる”絶叫レクチャーを受けると「なんかどうしても笑っちゃいますね! でも100点満点のホラドル目指して頑張ります!」と、最後にはすっかり“ホラドル”としての意識を高めていた。


[ 2009/10/17 07:29 ] グラビア | TB(0) | CM(0)

グラドルの“ハマショー”「お尻隠さず」の衣装で秘密の部分も公開 

グラビアアイドル・浜田翔子がDVD『Secret~秘密のしょうこ』の発売イベントを2日、秋葉原石丸ソフト本店で行った。

 タイトルの“シークレット”の意味は、本人曰く「以前のDVD撮影で撮っていた映像の中で、お蔵入りになりそうだった“シークレット”なモノが出てきました」とのこと。

 ジャケット写真で着ている衣装はお気に入りのオーバーオールだが、「おなかも隠れているし大丈夫だと思っていたら、お尻隠さずな感じで(笑)。DVDを観たらこんなに出てたんだ!って。ぎりぎりラインを見せてます」

 近々ファンクラブイベントを行う予定という浜田。「妹(浜田コウ)と“浜田姉妹”で、ディナーショーとボウリングが一緒になったイベントをやるんです。歌は歌ってみたいんですよね、“幸田姉妹”みたいな感じで。同じ京都なんで」と期待を語っていた。

[ 2009/10/17 07:27 ] グラビア | TB(0) | CM(0)
FC2ブログランキング
人気DVD
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。