オタク萌える!アイドル、グラビア極秘映像!

萌えるオタクのための日記!アイドル、グラビアの極秘映像、ニュース盛りたくさん!このオタク度は電車男をこえる!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中川翔子 極秘プロフィール! 

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )
日本の女性アイドル、マルチタレント(女優、声優、イラストレーター、歌手、ブロガー)。中川勝彦の娘。東京都出身。血液型はA型。

ワタナベエンターテインメント所属。愛称は「しょこたん」。戸籍上の本名は中川しようこ(「しょうこ」ではない。経緯は後述。通名:薔子)。左利きである。

憧れの人はブルース・リーとトランクスとセフィロス。アイドルとしては松田聖子をあげている。漫画・アニメ好きで有名であるほか、プロボクシング観戦が趣味という


<来歴>
1994年、9歳の時に父親の中川勝彦が白血病にかかり死別。母親によって育てられる。

2001年、ポポロガールオーディションでグランプリを受賞、デビュー。
デビュー当初は、ジャッキー・チェン事務所に所属。
後にスカパーの『夢ヶ丘レジデンス』では、ゲストのミドリカワ書房にジャッキー・チェンの写真集を渡されたが、「ブルース・リーの敵と思っていた」など(『燃えよドラゴン』での事と思われるが、上記の事務所に所属していたことがあり、後述の通り本人とも面識があるので意味深ともとれる)と発言した。

2002年にミス週刊少年マガジン2002に選ばれる。

2004年にフジテレビ系『考えるヒト』にスポット出演した際にイラスト力を見せつけ、2005年の序盤に番組をマイナーチェンジしたフジテレビ系『考えるヒトコマ』にレギュラー扱いで出演して出番を勝ち取った形となった。

2005年5月から1年弱にわたって、TBS系『王様のブランチ』にレギュラー出演、これが一般的に知名度を上げるきっかけとなる。

2006年7月に「ブリリアントドリーム」でCDデビュー。オリコン初登場29位、初動6313枚。




女優・漫画・歌・ブログなど多方面での活躍を見せていることから、単なるアイドルやタレントではなくマルチタレントと分類される。

アイドルにしては珍しくオタク方面に関する知識が深い。これは彼女によると父の影響だという。中川勝彦は、当時5歳の翔子に「これを読まないと大人になれない」と言い、『ゲゲゲの鬼太郎』と『赤ん坊少女』をいきなり全巻買って与えたりするような人物だったというエピソードもある。父親の教育の賜物か、年齢の割に昔のアニメ、80年代アイドルソング、及びレトロゲームなどに詳しい。『ドラゴンボール』も大好きである。

特撮ではスーパー戦隊シリーズが好きで、中でも『未来戦隊タイムレンジャー』のタイムピンクことユウリを神と崇めており、当時後楽園ゆうえんちで行われていた戦隊ショーに徹夜で並んで最前列で見ていた過去を持つ。そして自身も2004年の『特捜戦隊デカレンジャー』第38話で念願のゲスト出演を果たした(なお、『地球戦隊ファイブマン』に子役で出演した事もあるらしい)。自身は、自分が芸能界に目を向けたきっかけは、父ではなくユウリを演じた勝村美香への憧れであり、グラビアの仕事をする際のお手本も勝村の写真集やDVDだと語っている。そのあこがれの人・勝村とは後に『メンB』で一緒に出演し、今では彼女の妹分のようになっている。

芸能方面では、ブルース・リーのファンでありカンフー映画に関する造詣も深い。広東語を習い覚えたり、母親と共に何度も香港を訪れたりもしている(広東語については実はすぐにやめてしまい、ほとんど分からないがハッタリでプロフィールに書き続けていると番組内で告白している)。ジャッキー・チェンとは香港旅行の際、彼の経営するレストランで偶然出会って知り合いになった。本人の描いたイラストは香港のジャッキー・チェンの事務所に飾られている。また自分用のトラックスーツや自作のヌンチャク(ピンクのファー付き)まで所有する。また、松田聖子の大ファンである。このほかSOUL'd OUTやモーニング娘。やカントリー娘。のファンとしても知られ、ライブの観覧経験もある。

特技は漫画とイラスト。楳図かずおを崇拝し、漫画家を目指していた。準レギュラー出演の『考えるヒトコマ』(フジテレビ)では楳図かずお風の絵を描きその片鱗を見せている。また、。2006年5月11日放送の日本テレビ系『ダウンタウンDX』でも一部公開され、高く評価された。 2006年現在、オフィシャルサイトで漫画『SHOCOTAN☆QUEST』を連載中。また芸能界入りした後も諦めきれずにイラストを描いていることを買われて、集英社『週刊少年ジャンプ』2006年13号から読者投稿コーナー「ジャンプ魂」のメンバー(投稿選考者)になる。

料理は苦手であり、2005年8月に出演した『恋のエプロン』(テレビ朝日)のスペシャル版で、10年ぶりに立つキッチンで作ったロールキャベツは審査員を絶望させる出来であった。それがきっかけとなり、11月には引き続いて『愛のエプロン』にも出演したが、ここで作った「シュークリーム & コーヒーゼリー」もやはり散々な出来で、ランキングもこの日のエプロンガールズの中で最下位となった。

2006年6月頃には胃腸虚弱を告白しており、その件の際には深刻そうな表情やギャグめいた流れに本人自体が持っていくこともあった。


<コスプレ>


また、大のコスプレ好きとしても知られ、オークションを利用し服を買い込んでいる(主に『新世紀エヴァンゲリオン』・『ファイナルファンタジー』・『美少女戦士セーラームーン』など)。この趣味はグラビアアイドルとしての彼女の活動にも役立っている。

コスプレは1人ですることが多いが、自宅に伊藤彩華や喜屋武ちあきが来たときには一緒にしている事が確認されている。その際、中川が長髪、伊藤または喜屋武が短髪のキャラクターを担当する事が多い(例えば『セーラームーン』の場合、中川:うさぎ、伊藤:亜美、『エヴァ』なら中川:アスカ、伊藤:レイ、『プリキュア』なら中川:ほのか、伊藤:なぎさ…となる)。コスプレした日のブログの更新数は決まって普段より多い。

2006年5月30日放送の『カスペ!』の『フジ銀行 芸能人査定係』で、『課長島耕作』も好きである事が判明し、司会をしていた青木さやかに「渋いねぇ」と言われていた。また同番組内で「趣味に関してはお金に糸目は付けない」と言っていた為、漫画やコスプレ衣装購入にかなりの金を使っていると思われる。

2006年10月4日放送の『個人授業~正しい和田アキ子の作り方~』に講師役で出演した際は、冒頭から『涼宮ハルヒ』のコスプレでアニメのエンディングを踊りながら登場。ハルヒになりきった不遜な態度で「ヲタク学」を熱く語り続け、生徒役の和田アキ子を終始たじろがせていた。中川は更に『エヴァ』のミサト(本人が撮影したというビデオ映像)、『おジャ魔女』のどれみ、『ドラゴンボール』のベジータのコスプレを披露し、最後は和田にもコスプレをさせて中川:アスカ、和田:レイのツーショットをやってのけ、演技指導まで行った。


<ブログ>

2004年より公式ブログ『しょこたん☆ぶろぐ』の運営を開始し、2006年4月には総アクセス数が1億ヒットを突破するほどの人気を博している。凝り性の性格と、自身でもインタビューで認めているようにメモ帳代わりの感覚で書き込むことから更新頻度が極めて高く、また上記の各項目からも想像できるように、文中にオタク的な記述も非常に多い。
2005年4月には1ヶ月600更新を記録し、2006年1月28日には1日の最多更新記録を70にまで伸ばした。おそらくアイドルのブログとしては更新回数の日本記録であろう。眞鍋かをりが“ブログの女王”と呼ばれていたのにちなみ“新ブログの女王”と呼ばれるようになった。好評を博し、2005年9月にはブログの内容をまとめた同名の書籍『しょこたん☆ぶろぐ』がゴマブックスより刊行された。

本文は主に、いわゆるVIP語で書かれており、内藤ホライゾンをはじめとするAAキャラクターも頻繁に登場する。このため2ちゃんねらー、とりわけVIP板住人 (VIPPER) からの支持を集めていた(参考: しょこたん☆ぶろぐ 2006年4月18日のログ)。

過去には楽曲の歌詞やゲームの画面等が掲載されるなど、著作権にルーズな記事も目立ったが、2006年現在それらは削除されている。

2006年9月以降になるとVIP用語などを「自分で考えて作った」とも取れるような発言をマスコミの取材に対し幾度も答えた為に2ちゃんねらーが激怒。ブログのコメント欄が炎上することになり、後日コメントやトラックバックも閉鎖され、ブログではなく公開日記帳のような状態になってしまった。


<猫>

撮影中に見つけた捨て猫を拾ってしまう程の猫好き。現在3匹の猫をペットとして飼っており、自宅はネコ屋敷と化している。その3匹の内訳は、ちび太(オス、ブチ、『きょうの猫村さん』に出てくる猫村ねこに似ていることから「猫村」とも呼ぶ)、マミ(メス、キジトラ、『魔法の天使クリィミーマミ』から命名、「マミタス」「mmts」「マミたん」とも呼ぶ)、ルナ(オス、黒、『ドットシティ Presents 中川翔子 しょこたうん』内にて『美少女戦士セーラームーン』の黒ネコより命名)。

このうち特にマミタスを溺愛しており、ブログにも頻繁に登場する。その愛らしい姿にマミタスファンも多い。テレビ番組や雑誌への出演経験もあり、2006年8月には写真集『ギザ☆マミタス!!』も発売。今や日本一の有名猫と言っても過言ではない。ブログ内で度々行われる「グッドスメル」(飼猫の大事な部分に鼻を当ててかぐ)という行為も、その溺愛ぶりとして有名である。また、マミタスに関しては飼い主のコスプレに付き合わされているが(特に『セーラームーン』のルナ役として)、最近黒ネコの「ルナ」にその座を奪われている。


<本名>

本名の「中川しようこ」は、母親が娘の名前を「薔子」<として区役所に提出しようとしたが、「薔」の字が常用漢字及び人名用漢字でなかったため受理されず憤慨、怒りのあまりその場でひらがなで書き殴ってきた事による。

本来なら最悪でも「しょうこ」となるはずだったが、書き殴ったために「ょ」と「よ」の区別が付かず戸籍上「しようこ」となった。この事を彼女が知ったのは、成人になってからである。


にほんブログ村 芸能ブログへ



FC2ブログランキング





[ 2006/11/04 16:17 ] 中川翔子 | TB(0) | CM(0)
FC2ブログランキング
人気DVD
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。