オタク萌える!アイドル、グラビア極秘映像!

萌えるオタクのための日記!アイドル、グラビアの極秘映像、ニュース盛りたくさん!このオタク度は電車男をこえる!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上戸彩 極秘プロフィール!! 

上戸 彩(うえと あや、1985年9月14日 - )

東京都練馬区出身の歌手、女優。オスカープロモーション所属。
本名同じ。
血液型O型。
堀越学園堀越高校中退(当初は休学していたが、多忙により芸能活動との両立が難しくなった為)。


<人物>

3人兄妹の末っ子で、2歳年上と16歳年上の兄がいる。
幼稚園の頃に長兄の子供が誕生しており、幼くして叔母となった。父親は北海道出身、母親は沖縄県石垣市出身。両親は上戸デビュー後に離婚し、現在は母と2つ上の兄と暮らしている。ただし多忙ななかでも父とも定期的に会うことを欠かさないという。

上戸の母方の祖母は琉球民謡の歌手であり、上戸の母親も跡を継ぎたかったが断念した。そんななか、友人がエキストラをやったと嬉しがっていたのを聞いた上戸は「私もテレビに出てみたい」と上戸の母親に話す。それを聞き、ポストのチラシに入っていた「全日本国民的美少女コンテスト」に上戸に内緒で応募した。
自分が断念した夢を上戸に託したのである。上戸の母は、今でもドラマのセリフ覚えの手助けをしたり、スケジュール管理を行うなど、陰のマネージャー的存在である。

愛称はマシュー南からは「ウエッティ」と呼ばれている。また、デビュー前は「あやや」と呼ばれていた(本人談)が、これは松浦亜弥の愛称である。一部の女性ファンからは「あやと」と呼ばれているが、それほど世間に浸透してる愛称は無い。

タレントのベッキーとは大の仲良しで、お互い認める親友である。また、俳優の石垣佑磨とも、映画「あずみ」の共演を期に親交がある。歌手の諫山実生とも仲が良く、自身の2ndシングルのリリースの際、音楽雑誌で友人の曲として諌山のデビューシングル「恋花火」をお気に入りの1曲に挙げていたことがある。ただし2006年1月の「空飛ぶグータン」で公私共々友人が少ないことを悩みとしてあげていた。

好きなアーティストに、ケツメイシ宇多田ヒカルやTHE BLUE HEARTSなどを挙げている。

好きな食べ物は納豆。何にでもかけて食べるという。料理はお世辞にも上手いとは言えなかったが、2005年、スケジュールに余裕があったのを活かして、料理上手な母から本格的に習い始め、メキメキ上達している。3年B組金八先生で共演した高畑淳子にも教えてもらっている。

食べることが好きで、担当するラジオ番組では「○○と○○を食べて」と話すことが多く、大食いであると自覚している様子。

ストレス解消法は「泣くこと」。真夜中、誰もいない近所の公園でひとりで大声で泣いているらしい。

役に感情移入しやすく、普段も演じているドラマの役柄そのものになってしまう。「3年B組金八先生」の時は、鶴本直になりきってしまい、女子トイレに入れなくなってしまったほど。また、「アテンションプリーズ」で男勝りな美咲洋子を演じたときは、「何だよ、女臭え部屋だな!」などと口にし、共演者やスタッフを驚かせたという。唯一、母親は「またか」と慣れっこになっているという。


<略歴>

1997年8月に第7回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。

1999年7月に4人組アイドルユニットZ-1の一員としてデビュー。

2000年にはテレビドラマ『涙をふいて』で女優としての活動を開始し、以降数々のドラマや映画に登場。2001年に出演した『3年B組金八先生』(TBS)第6シリーズで性同一性障害という問題を抱えた、影のある中学生「鶴本直」を演じ、一躍有名になった。

2002年2月、第40回ゴールデン・アロー賞の最優秀新人賞を受賞。8月、Z-1としての活動を休止し、ソロデビューシングル『Pureness』を皮切りに歌手としての活動を行っている。

2004年3月、第41回ゴールデン・アロー賞の映画新人賞を受賞。同年10月に第71回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール 小学校の部にて司会を務めた。同年末第55回NHK紅白歌合戦にトップバッターで初出場を果たした。

2005年に国勢調査2005のCMキャラクターをダニエル・カール及び北村総一朗とともに務めた。同年にFIFA Club World Championship TOYOTA Cup JAPAN 2005では、日本テレビの番組マスコットガールを務めた。この大会で上戸は南米代表の「サンパウロ」のキーパー「ロジェリオ・セーニ」を応援していた。

2005年にはベストヘアー賞、ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー賞(武豊騎手と共に)、ネイルクイーン(親友のベッキーと共に)を受賞。

2006年に『名探偵コナン』10周年企画として、スペシャル・サポーターに就任。10週にわたって番組内でクイズやコナンとCMに共演したり、情報番組でPRするなどコナンを全面的に支援していく。同年に小学館の12歳の文学賞の特別審査員に。理由は、上戸彩が小学生に絶大な人気があるから。また、5月8日放送では「女優・上戸彩」としてアニメに登場。同年2月に日本テレビのトリノ冬季五輪番組でキャスターに初挑戦した。同年6月、法務省の第56回社会を明るくする運動のイメージキャラクターに起用。


<エピソード>

バラエティ番組『さんまのまんま』にゲストで出演した時に明石家さんまから「胸薄いやん? ブラジャーしてるん?」と言われ、「彩だって、ブラジャーしてますぅ!」と半ば怒り気味に説得している。

本人は、「身体のラインが強調されるようなファッションは嫌い」と言う。

そのためか、着痩せするタイプのようだ。かつてはビキニなどのグラビアにも登場し、女優デビュー作の『涙をふいて』では中学3年生ながら上半身裸のセミヌードまで披露していたが、ブレイクしてからは一転して露出を封印。20歳の誕生日に発売された写真集は水着写真集と報じられたが、ふたを開けてみれば水着はほぼ皆無で、従来路線の継続が確認された。

ソロデビュー当初はボーイッシュなショートヘアがトレードマーク(それ以前はロングヘアで、一度もショートヘアにしたことは無かった)だったが、2005年放映の『義経』(うつぼ役)、『アタックNo.1』(鮎原こずえ役 主演)出演にあたりロングヘアに変えた。

またこの年にベストヘアー賞を受賞しているが、「本当はショートカットの方が好きです。できるなら、刈り上げにしたい」と仰天発言をした。2006年にはショートヘアに再び戻し、シングルCD「笑顔のままで」のプロモーションビデオには散髪シーンが収められている。またこれと同時に「アテンションプリーズ」(美咲洋子役)の役作りとして茶髪にしている。「下北サンデーズ」ではまた黒髪のおかっぱ頭になったが、おかっぱは上戸自身のアイデアという(週刊プレイボーイより)

2000年、まだZ-1としての活動をしているときに、厚生労働省の「LQ(エルキュー、ロング休暇=長期休暇の意味)キャンペーン」ポスターが全国に貼られた。当時15歳でまだ全国的な認知度も低く、ポスターには「上戸彩(Z-1)」とキャプションがつけられていた。ちなみに厚生労働省のHPではポスターではないが、ポスターと同じ写真を表紙に使った報告書を閲覧することができる[1](PDFファイルにつき注意)。他にも国土交通省・消防庁等、官公庁のイメージキャラクターになることが多い。

2005年3月26日にプロ野球パシフィックリーグ開幕戦ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズで始球式を務めた。Yahoo! BBのCMに出演している縁からであるが、始球式で対決したのはオロナミンCのCMで共演した新庄剛志外野手だった。一方でロッテのCMに出演(2005年末から2006年初頭までは担当しているラジオ番組の提供を受けた)している縁から、2005年シーズンを制した千葉ロッテマリーンズの「ファンフェスト」にゲスト出演し、ロッテリアの優勝記念キャンペーンのイメージガールを務めた。

しかし、上戸自身は阪神タイガースのファンで、2004年のゴールデンスピリット賞受賞式で赤星憲広選手のヒッティングマーチを独唱するほど。さんまのまんまでは趣味は野球観戦と言っている。

2005年にCMタレント好感度ランキング・女性タレント部門で第1位に選ばれた。

2006年、「バレンタインチョコレートを貰いたい女性有名人」調査で1位になる。このアンケートはロッテがインターネットを通じて行ったもので、それによると彼女の支持世代層は10代から50代と幅広く、特に30代~50代の世代にとっては、彼女が未だに「彩」と自分の事を三人称で呼ぶことから子供っぽいイメージが重なり、妹や娘にしたい女性有名人としても知名度は高いという。

小学館の12歳の文学賞の特別審査員を努めた時上戸は「ノンフィクションものを書いてみたい。暴露モノとか。事務所は許してくれないでしょうけど」と、またも仰天発言。この天真爛漫さが彼女の魅力ともいえる。
雑誌・SPAの女性による「許せるロリータ系有名人」の項目で堂々の1位に選ばれる。そのため、彼女のようなタイプをボーイッシュロリータと一部では呼ぶ。

愛読書は意外にも週刊プレイボーイ。インタビューで「お兄ちゃんが買っているから、彩も自然と毎週読むようになった」との事。なお、週刊プレイボーイで「水着グラビアは、腹筋の跡が見えるようになったら公開します」と公言した。

寝る間を惜しんで働いていた18歳の頃に「事務所の社長から(20歳までは)彼氏を作るなと言われている」と公言(これは上戸に限らずオスカープロモーションの掟でもある)。その反動か反発か先輩の米倉涼子や石川亜沙美らに「20歳になったら私は好き勝手に生きますよ」と爆弾発言した。

それが何を意味するか不明だったが、それまであまりに忙しかった反動か19歳の2005年はスケジュールに余裕があり、露出も控えめとなった。本人の希望通りになったのかと思いきや、肝心の20歳を迎えた2006年、年頭に「今年は寝る間もないほど忙しいよ」とマネージャーに脅されたらしい。

案の定、連続ドラマが2クールも続き、音楽活動もアルバム2枚リリース、イベントも多数こなすなど、本人の意向に反してか20歳の1年は忙しい年となってしまった。このように稀に爆弾発言をするが、事務所の社長にはとてもかわいがられており、個人的にいろいろなプレゼントをもらっている。

初主演ドラマ「ひと夏のパパへ」(TBS)の平均視聴率が5.6%、最低時が3.6%という散々なものだったため、全11話の予定が10話に削減され、余りの数字に各メディアで大きな波紋を呼んだ。また「下北サンデーズ」(テレビ朝日)も低視聴率で1話削減で終了。彼女出演の連ドラは事務所の持ち込み企画が多く、これでは彼女のためにならないのではないかという意見もある。






FC2ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーサイト
[ 2006/11/06 04:38 ] 上戸彩 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2ブログランキング
人気DVD
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。