オタク萌える!アイドル、グラビア極秘映像!

萌えるオタクのための日記!アイドル、グラビアの極秘映像、ニュース盛りたくさん!このオタク度は電車男をこえる!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女優 釈由美子 

 もともとサービス精神旺盛な女優さんだが、それにしてもこのところのハジケぶりには驚くばかり。ドラマ「ヒミツの花園」(フジテレビ系)やカラープリンターのCMで、吹っ切れた演技を見せている。釈由美子に何が起きたのか?

●吹っ切れた演技のワケ
「殺伐とした世の中ですけど、家族や兄弟っていいなって感じてもらいたい。見終わった後で大切な人に電話やメールをしたくなるような、心がホッコリするドラマになればいいなと思って演じています」

 釈の役どころは新米のマンガ編集者。担当になった売れっ子の少女漫画家は実は4人の男兄弟で、そのクセ者ぶりや“秘密”に翻弄(ほんろう)されながらも成長していくというハートフル・ラブコメディーだ。
「主人公は不器用で人一倍努力しなくちゃならないし、信じやすくダマされやすい。本人はそう思ってないけど、ちょっと天然なところもある。ほとんどそのまま私ですね」

 意外にもコメディーは初主演になるが、実はその背景にはある意識の変化もあったようだ。

「これまでの自分だったら、怖くてできなかったと思います。もともと自分に対するコンプレックスが強くて、周りにどう見られているのかが気になっていたんです。それがここ最近は開き直って、どう見られるかより自分がどうあるべきかっていうのが大事だと思えるようになった。そんなふうに、硬い殻がボロボロッと外れた時期に、ちょうどこのドラマをやることができました」

 1978年、東京都生まれ。勉強はできたが、ガリ勉タイプだったので、周囲に誤解されたり無視されたりすることも。短大時代には対人恐怖症に悩んだ時期もあったという。

「特に19歳のときにツラいことが重なったんですが、そんな時にいろいろなアルバイトを経験する中でやりたいことが見えてきて芸能界に入るチャンスも芽生えた。あのツラい経験がなかったら今の自分はないって思えるので、すべてネガティブに逃げるんじゃなくて、逃げることで前進できることもあるんだって思います」

 グラビアアイドルからバラエティーを経て、着実にステップアップ。「英語でしゃべらナイト」(NHK)のMCは4年も続いており、昨年は1クール、アニメ「009―1」の声優にも挑戦した。

「色っぽいセリフは苦手でしたが、今は作品によってはやってみたい。まだまだ未知なる自分を発掘していきたいですね」

●いつかは結婚したいけど…
 昨年は熱愛から一転、破局報道も出るなど私生活での転機もあった。
「自分の生き方や女性としてこれでいいのかなと悩んだ時期もあったけど、いい意味で開き直って腹をくくれました。いつかは結婚したいなと思いますけど、自分自身にゆとりがないと無理だなとも思う。今は一緒にいて居心地がいい穏やかな人がいいですね」

 ケガの心配があるため、今年は趣味のスキーを我慢しているそうだが、代わりに夢中になっているのが“鍋”である。

「今、ハマっているのは圧力鍋。お正月に自分へのご褒美で、ちょっと奮発して3万8000円もするイタリア製の圧力鍋を買ったら、すご~くおいしいんです。豚の角煮とか切り干し大根、玄米やおからもホッコリ炊けるし、ラタトゥイユとかビーフシチューも5分でできるんですよ。何でも作れるから忙しい生活にもピッタリ。あとは一緒に食べてくれる相手がいれば、なんですけどね(笑い)」




↓クリックしてね↓



FC2ブログランキング



にほんブログ村 芸能ブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/02/06 07:57 ] 女優 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
FC2ブログランキング
人気DVD
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。